グローシップ・パートナーズ、不特法プラットフォームが好調

グローシップ・パートナーズ

投資|2021年07月21日

  • twitter

 経営コンサルティングなどを手掛けるグローシップ・パートナーズ(東京都港区)が開発・提供する、不動産特定共同事業法(不特法)に基づくクラウドファンディング事業のプラットフォームが好調だ。2017年から外販を進めており、現在では導入社数30社の実績を持つ。人気の理由は、クラウドファンディング事業を行う上でハードルになりやすい認可取得や、マンパワー不足の解決などをサポートするサービスがセットになっているからだ。

承認申請の手間と時間削減

 プラットフォーム名は『CrowdShipFunding(クラウドシップファンディング)』。投資家の登録、本人確認、反社会的勢力チェックやファンド組成、募集、分配金の入金の他、許認可申請やはがき郵送の手配などが行える。導入作業を含む利用料金は対象不動産の規模によって異なり、500万~2000万円。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. 【SI被害弁護団】不正融資でスルガに新たな賠償請求

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

  3. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  4. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  5. 賃貸住宅の問い合わせが多かった条件・設備調査

    アットホーム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ