ここが違う!賃貸住宅が満室になる共用部の工夫を人気物件オーナーに聞いた

人気物件|2021年08月13日

  • twitter

エントランス横に、気軽に立ち寄れる図書スペースを用意

 専有部分には入居者のニーズに合わせて手を入れるが、共用部に関しては活用の仕方がわからない家主もいるだろう。この共用部こそ、家主や管理会社のこだわりを詰め込むことのできる絶好のスペースでもあるのだ。今回は家主たちのアイデアが光る共用部を紹介していく。

壁一面の本棚をしつらえる

実用性の高さが好評

 赤塚知隆氏(福岡市)は、2016年に父が所有する賃貸マンション「プロスペレー駅南」の設計に関わった際、まず共用部の活用、特に周辺物件にはない目新しい設備での差別化により入居率アップを図ったという。同物件は、福岡市内に立つ全77室の賃貸マンション。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 国家資格化後初の賃貸不動産経営管理士試験、合格1万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Ken(ケン)ビジネススクール

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  4. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

  5. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ