反対派の影に隠された不正行為も

【連載】現場レポート 賃貸業界のキャリア形成 VOL.111

企業|2021年10月01日

  • twitter

 不動産DX(デジタルトランスフォーメーション)を進めようとすると、抵抗勢力として「社内の反対派」の存在がある。今まで慣れたシステムや仕事のやり方を変えられない。しかし、実は、それとは違う困った動機が潜んでいることを今回は論じる。

「基幹システムがつながらないから」とホッとする現場

 同時に起こるのが、「別に今までの仕事の仕方でいいじゃないか」「導入費用がかかって、自分らは新しいことに対応しなきゃいけない。でも給料が上がるわけでもない」「なんたらシステムを入れて、その仕事が自動化されたら、私の仕事はなくなるわ。リストラだわ」と、とにかく現場が反対する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『基幹システムの〝開国〟と抵抗勢力』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ