ネオス、水道メーター検針アプリ

ネオス

商品|2024年02月29日

  • twitter

発展途上国の課題解決に

 マンション管理システムの開発・販売を手がけるネオス(福岡市)が提供する検針メーター読み取りアプリ「SNAPPY(スナッピィ)」が、2023年12月26日、国際協力機構(JICA)の23年度「中小企業・SDGsビジネス支援事業」に採択された。

 SNAPPYは水道利用料金の請求業務を効率化するアプリ。これまで検針員が手作業で行っていた、専用端末による水道メーターの読み取りや数字の紙への書き込みなどを、スマートフォンで完結できる。水道メーターに貼り付けたQRコードと水道使用量を撮影するだけで、管理画面で登録しておいたマンション名や部屋番号に検針値が自動で登録される。

 国際協力機構の中小企業・SDGsビジネス支援事業とは、開発途上国の課題解決につながる製品やサービスなどを有する日本の民間企業などの海外展開を支援する事業のこと。支援を通じ、両国の関係強化や経済関係の推進を行う。

 今回の採択によって、同社はフィジーでSNAPPYのニーズ確認調査を行うことが決定した。フィジーでは水道使用量の検針がきちんと行われていないことなどにより、正しく水道料金が徴収できない無収水が問題となっている。SNAPPYにより、水道メーター検針業務の効率化と検針の正確性向上を進め、無収水問題の解決に貢献したい考えだ。

(2024年2月26日11面に掲載)

おすすめ記事▶『ネオス、水道・ガスの検針業務を効率化』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ