民泊併用物件に対し7割が転居検討

【連載】リクルートSUUMOマーケットレポート

統計データ|2024年04月29日

  • twitter

 旅行先の街に住む感覚で利用できる民泊。現在、賃貸物件のオーナーや管理会社の中には導入を検討している方もいるだろう。その是非を考える際の参考となる調査を紹介したい。

 データは賃貸契約者を対象とした民泊併用物件に対する居住意向。「気にせず住み続ける」は全体の27%にすぎず、「気になるので次の更新時に引っ越しを検討」が51.6%、「早急に引っ越しを検討」が21.4%と、引っ越しを考える人が計73%にものぼる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『住みたい街 大宮2位に浮上』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ