イーアス不動産、物件提案にRPA導入

イーアス不動産

商品・サービス|2020年07月21日

  • twitter

RPA作業中の画面。物件資料を送るまでにかかる時間はおよそ2分だ

 売買仲介を手掛けるイーアス不動産(東京都文京区)では、オンライン完結型賃貸仲介サービスの改良を続けている。1日には、LINEを活用した『awanai(アワナイ)賃貸』で物件提案作業をRPAで行えるようにした。

非対面仲介サービスに弾み

 同サービスは、IT企業のリッジー(東京都新宿区)と共同で運営している完全非対面の賃貸仲介サービス。顧客とのやり取りにはLINEを活用し、基本的に内覧は行わない。重要事項説明はZoomなどによるIT活用により完全非対面を実現している。現在、LINEアカウントの登録者数は1万2000人を超える。今回のリニューアルにより、物件提案作業から、簡易見積もりまでをRPA(Robotic Process Automation:ロボティックプロセスオートメーション)により自動化した。RPAとは、パソコンの中にインストールしたロボットがさまざまな業務を自動で処理するシステムのことだ。RPAの開発は、同サービスの共同運営者であるリッジーが企画し、イーアス不動産から使用感を確認しながら実装に至った。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ