Speee、住み替え「日当たり」重視55%と発表

Speee(スピー)

市況|2021年06月04日

  • twitter

 マーケティングインテリジェンス事業などを行うSpeee(スピー:東京都港区)が運営する不動産一括査定サイト『イエウール』は、住み替えを経験した20~90代の人を対象に、住み替えに関するアンケート調査を実施。その結果を17日に公表した。調査期間は4月2~6日にインターネット上で行い、有効回答人数は109人。

 「住み替え先の物件を選ぶ際に重視していたこと」については、「日当たり」が55%で1位、続いて2位が52.3%の「駅からの距離」だった。

 「家を住み替えた理由や住み替える決め手になったこと」に対しての自由記入は、「リモートワークのため、多少交通が不便でも家賃を下げることを目的にした」「テレワークが基本となり、広い家で子どもを伸び伸びと育てたいと思った」などの意見があった。

 アンケートでは新型コロナウイルス関連によるものを判断軸として回答項目に設けていなかったが、この自由記入からコロナ下で住み替えを決めた人が全体の8%存在したことが判明した。

(5月31日21面に掲載)

おすすめ記事▶『三好不動産、リモート普及 大型住戸やや人気』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 自己破産した則武物件の所有者責任はどこ?新たに6棟の不備発覚 危ない建築のポイントを専門家が解説

    則武地所, さくら事務所

  2. 『かぼちゃの馬車』事件の被害者団体結成

  3. 賃貸関連大手6社の前期決算まとめ

    レオパレス21, スターツコーポレーション, 大東建託, 大和ハウス工業, 積水ハウス, 旭化成ホームズ

  4. 利用広がる賃貸管理システム①

    日本情報クリエイト, クザワ富山, ビジュアルリサーチ, ダンゴネット, 3Films(スリーフィルムス), アセットコミュニケーションズ

  5. ジェクトワン、空き家所有者への調査や啓発活動推進

    ジェクトワン

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ