SS弁護団、一棟アパートも「一括スキーム」で交渉

SS弁護団

企業|2020年07月06日

  • twitter

会見するSS弁護団

 スルガ銀行(静岡県沼津市)が不正に融資した投資用不動産の問題解決をめぐり、スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団(SS弁護団)は6月27日、シェアハウス所有者が同時に抱える1棟アパート・マンションも一括スキームでの解決を目指す方針を示した。

スルガ銀の不正融資問題、解決へ次の一歩

 同弁護団はもともと、収益性の低いシェアハウスを不正融資により購入した会社員を救済するために、シェアハウスの代物弁済交渉を、融資元のスルガ銀行を相手取り進めてきた。3月28日に約250人分・計350棟の代物弁済が決まり、おおよそ解決の道すじができた。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ