【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

Sumapla(スマプラ)

企業|2021年02月27日

  • twitter

本格開設前の告知サイトのトップ画面

 家主と部屋探しユーザーのマッチングサイト『スマプラ』が22日に開設した。同サイトでは賃貸仲介会社が介入せず家主とユーザーが直接契約し、非対面で手続きが完結する仕組みを構築。仲介手数料は発生させず、ユーザー目線で利便性と費用効率の双方を追求する。似た領域で先行している既存サイトに対し、どう差別化を図るのか。Sumapla(スマプラ:東京都渋谷区)の宮坂哲二社長に話を聞いた。

「便利」「安い」で差別化

 部屋探しサイト『スマプラ』の仕組みは、賃貸仲介事業者が介在せずに家主と入居希望者をマッチングさせ、そこから内見、直接契約までを非対面で完結する。家主がサイト側に支払う料金は、家賃1カ月分の成約手数料のみ。それに対して部屋探しユーザーの利用料は無料で、仲介手数料が発生しないため引っ越しの初期費用を抑えられる。「来店せずに便利に契約手続きを進めて、コストも最小限に抑えられる」。これが『スマプラ』が売りとする部分だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ