建築低迷、営業利益が2割減

大東建託

企業|2019年11月06日

  • twitter

 大東建託(東京都港区)が2020年3月期第2四半期連結決算を発表。

19年4~9月決算

 アパート建築の減少によって、営業利益が約600億円で前年同期比21%減となった。アパート融資が厳格化したことが影響し、建築受注が低迷し業績を押し下げた。

 セグメント別にみると、主力の建設事業における完成工事高が同18.8%減の2544億円だった。通期計画では完成工事高6100億円を見込んでおり、上期進捗率は41.7%にとどまる。建設事業が好調だった18年3月期は完成工事高が通期で6276億円、上半期で3227億円だった。

 建築受注の減少に伴い、建築営業社員の歩合給が少なくなったことが起因し、人件費が30億7000万円大きく減った。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. 国土交通省、心理的瑕疵を考える

      国土交通省

    4. 西成で起こる不動産バブル

    5. 国土交通省、老朽化マンションの再生支援

      国土交通省

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ