100万円超の超高額賃料帯で下落幅縮小

アトラクターズ・ラボ

市況|2010年03月22日

  • twitter

不動産市場動向を調査するアトラクターズ・ラボは、3月12日に「2009年10―12月期東京23区賃料改定状況調査」を公表した。

「賃料改定状況」とは同一物件における前回募集時賃料と現在募集賃料の差を比較したもの。2008年10―12月期から調査を開始し、4半期ごとの数値を集計している。今回の調査対象件数は3万6401戸。

集計によると、月額賃料が100万円を超える超高額帯において、下落幅が縮小し、2009年1―3月期並みとなった。さらに、賃料40万円未満の物件において、相変わらず下落幅は拡大しているものの前回調査時の下落幅との数値が接近した。

同社によると、高額賃料物件の価格動向は、全体的な賃料動向に先行するといい、今後各賃料帯においても賃料下落に歯止めがかかると予想している。

下落に歯止めがかかった要因として、リーマンショックから1年以上が経過し、今回調査対象となった空室物件が、前回募集時にすでに大幅な家賃値引きが行われているものが多く、賃料下限値に達していることが考えられるという。

賃料改定率の下落幅が縮小したのはリーマンショック以降初めてであり、賃料20万円未満の物件では11カ月ぶり、20万円以上の物件では19カ月ぶりとなった。

地域別でみると、都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の20万円以上の物件における賃料下落幅が―9・3%、その他18区では―6・1%、20万円以下の物件では都心5区―3・2%、その他18区―1・7%となっており都心部の賃料下落幅が依然大きくなっている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 自己破産した則武物件の所有者責任はどこ?新たに6棟の不備発覚 危ない建築のポイントを専門家が解説

    則武地所, さくら事務所

  2. 『かぼちゃの馬車』事件の被害者団体結成

  3. 賃貸関連大手6社の前期決算まとめ

    レオパレス21, スターツコーポレーション, 大東建託, 大和ハウス工業, 積水ハウス, 旭化成ホームズ

  4. 利用広がる賃貸管理システム①

    日本情報クリエイト, クザワ富山, ビジュアルリサーチ, ダンゴネット, 3Films(スリーフィルムス), アセットコミュニケーションズ

  5. ジェクトワン、空き家所有者への調査や啓発活動推進

    ジェクトワン

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ