東京建物、共用部の電力を100%再エネ化

東京建物,東京ガス,ヒナタオエナジー

建築|2023年03月18日

  • twitter

Brillia ist中野セントラルパークに設置されている太陽光パネル

 分譲マンション「Brillia(ブリリア)」などを手がける東京建物(東京中央区)は1日、賃貸マンション「Brillia ist(ブリリアイスト)中野セントラルパーク」において太陽光発電システムの導入と非化石証書付き電気購入の併用を開始。共用部で使用する電気について100%再生可能エネルギー由来のものに切り替えた。この取り組みはBrillia、Brillia istにおいて初となる。

専有部でも利用を推進

 今回導入した太陽光発電システムは、東京ガス(東京都港区)のグループ会社で太陽光エネルギーサービス事業を手がけるヒナタオエナジー(同)の電力販売契約(PPA)サービス「ヒナタオソーラー」を採用した。太陽光パネルと蓄電池の設置や維持・管理はヒナタオエナジーが手がける。設置費用は無料で、東京建物はこの太陽光パネルで発電した電力のうち、利用量に応じたサービス料金を月ごとに支払う。太陽光パネルの発電量は9.9ワット、蓄電池の容量は15キロワット時。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ケネディクス、戸建て賃貸に実質再エネ導入』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ