ケネディクス、戸建て賃貸に実質再エネ導入

ケネディクス,PinT(ピント)

商品|2022年11月14日

  • twitter

Koletの外観イメージ

 不動産運用大手のケネディクス(東京都千代田区)は9月30日、同社が運営する木造戸建て賃貸住宅「Kolet(コレット)」の全戸に、東京電力グループの新電力会社PinT(ピント: 同)が提供する実質再生可能エネルギー100%の電力を導入することを発表した。年内をめどに、既存物件と新規取得予定の物件を合わせて、1000戸以上への供給を目指している。

住むことで脱炭素化に貢献

 ケネディクスは、住宅における環境配慮の取り組みの一つとして今回の導入を決めた。入居者はKoletに住むことにより、特別な取り組みをせずに脱炭素社会の実現に貢献できる。また、木造住宅は鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べて、製造時の二酸化炭素の排出量が大幅に少ない。実質再エネ電力を使用し、環境負荷の少ない木造住宅での生活を提供できることが、Koletの新たな付加価値となる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アクセルラボ、スマートミラーと連携』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ