【建築ランキング2023・ハウスメーカー】大東、4万戸超えで首位独走 4社が前年比で戸数増

2023年年間完工数ランキング

ランキング|2023年06月26日

  • twitter

 全国賃貸住宅新聞の特別企画である「賃貸住宅に強い建設会社 年間完工数ランキング2023」を発表。2022年度の賃貸住宅の完工戸数順に、大手ハウスメーカーのほか、全国7エリアに分け、八つのランキングで紹介する。記事中では、有力企業が業績を伸ばした理由や特徴に迫る。

 ハウスメーカーのランキングは、前回回答した7社中4社が戸数を増やした。

 3年連続で大東建託(東京都港区)がトップを走る。2位の大和ハウス工業(大阪市)は大東建託より約9000戸少なかったものの、完工高でほぼ並んだ。3位の積水ハウス(同)も2万6085戸に伸ばした。

ハウスメーカーランキング

受注経路を追加

 1位の大東建託は、完工戸数4万1238戸と前回比2178戸増加した。完工高は4806憶900万円で、同5.7%増加。同社広報部は完工数伸長の理由について「新型コロナウイルスによる行動制限が緩和され、受注活動が進められるようになったことから21〜22年度の受注高が増加した」とコメントした。

 受注活動は、飛び込み営業以外の営業チャネルの確立を目的に「デジタル営業推進部」「法人専門の営業部」「金融機関などの開拓を担う営業部」といった三つの営業部を21年度に新設。併せて、メールマガジンの配信などのインサイドセールスを促進し、営業効率の向上を図る。

 今後は、環境・防災・ライフスタイルの三つのコンセプトを軸にした賃貸住宅商品の開発を推進していく。

展示場担当が兼任

 今回初めてランキングに参加したミサワホーム(東京都新宿区)は、ハウスメーカーで8位につけた。完工数は2662戸。20年度に2546戸、21年度に2581戸とじわじわと完工戸数を伸ばしてきた。営業企画部資産活用企画課の高橋元樹課長は「賃貸住宅の建設はコロナ禍でも堅調に推移した」と話す。

 その理由は営業体制の強化だ。住宅展示場への来場者がコロナ禍前比で大幅に減少した。これを受けて、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)で60現場ほどある展示場勤務の営業担当者も、並行して賃貸住宅の建築受注営業を行うようにしたという。

Belle Lead SkipHighシリーズの一例写真

Belle Lead SkipHighシリーズの一例

 賃貸住宅商品の「Belle Lead SkipHigh(ベルリードスキップハイ)」が好調で、18年9月の発売以降、受注ベースで累計700棟を販売している。「蔵のある賃貸」として、スキップフロアを活用し、アパートの1階部分に広い収納を設ける商品だ。一般的に入居が決まりづらい1階部分の付加価値とし、賃料を下げずに入居が決まるようにしている。

 今後は地方都市での営業も強化していくとした。

(2023年6月26日4面に掲載)

おすすめ記事▶『賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ