「売り時」は3年ぶりに半数割れ

健美家

市況|2018年06月06日

  • twitter

投資家向けアンケート結果発表

不動産投資と収益物件の情報サイトを運営する健美家(東京都港区)は、同サイトの会員を対象とした「不動産投資に関する意識調査」結果を公表した。

「投資用不動産は買い時か、売り時か」との設問では、「売り時」とした回答が47.9%と最多だったものの、1年前の前回調査時と比べ6.9ポイント低下し3年ぶりに半数割れした。一方、「買い時」は13.9%で前回比2.3ポイント上昇。「どちらとも言えない」は38.2%と過去最高となった。

「売り時」とした理由では、「価格の高騰」が78.6%と、2番目に回答の多かった「投資家増加で需要がある」の40.5%に大差をつけた。次いで「融資の厳しさ」も38.1%の回答があった。「売り時はいつまでか」には、「19年まで」が35.3%、「20年まで」が28.2%と、東京オリンピックまでの価格高騰を予測していることがうかがえる。

「買い時」の理由としては、「低金利」が58.9%。次いで「融資が厳しくなってきたので、今のうちが買い時」が46.6%で前回比29.6ポイント上昇し大幅に増え、「融資が通りやすいから」(8.9%)との順位を逆転した。

一方、「2017年10月以降に物件を購入したか」の設問では、「購入した」との回答が36.7%と、前回比6.1ポイント低下した。「購入しなかった理由」は、「希望する条件に合わなかった」が52.6%、「価格面で折り合いがつかなかった」(31.2%)、「キャッシュフローが見込めなかった」(31.2%)と続く。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  2. レジデンシャル ペイメント、元警察官による入居者トラブル対応、8万契約突破

    レジデンシャルペイメント

  3. 管理会社に聞く入居者対策①【前編】

    絹川商事, タクシン不動産

  4. 大東建託、首都圏トップはみなとみらい線

    大東建託

  5. 法務省、不動産の相続登記、義務付けへ

    法務省

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ