オリンパス、内視鏡の世界シェア7割

【連載】千葉明の株式教室 No.329

データ|2022年11月16日

  • twitter

 オリンパス(東京都新宿区:7733)が顕微鏡事業を、米国投資ファンドに売却すると発表した。

 オリンパスにとり顕微鏡事業は、創業者の故山下長氏が1920年に開発した国産初の顕微鏡(「旭号」)に代表される祖業。100余年の歴史に幕を閉じる。顕微鏡事業の売却をオリンパスでは「医療機器分野拡大に向けた経営資源集中のため」としている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『M&Aキャピタル、約4万8000社の顧客基盤が強み』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ