契約業務のデジタル化サービス「cakel(カケル)賃貸」を導入

ミリーヴグループ

企業|2019年01月22日

  • twitter

熊本・福岡18店舗に導入

ミリーヴグループの明和不動産(熊本市)は15日、自社グループの管理物件を対象とする賃貸仲介事業において、契約業務のデジタル化サービス『cakel(カケル)賃貸』を熊本・福岡の18店舗で導入した。

『cakel賃貸』は電子署名『DocuSign(ドキュサイン)』などを活用し、不動産賃貸借契約のデジタル化する自社ブランドのサービスとして展開。今後、他社への販売も見込む。

これまでの仲介事業では、顧客は来店から契約までに複数の書類に記入、押印が必要だった。『cakel賃貸』では、来店時のアンケート、入居の申し込み、賃貸借契約、家賃債務保証会社への申し込み、重要事項説明、賃貸借契約の一連の手続きがタブレット端末などのデバイスで完結する。複数の書類に記入が必要な住所や連絡先などの情報を何度も入力する手間を省くことができる。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  2. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  3. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介件数の動向を調査 ー中編ー

  4. 【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

    Sumapla(スマプラ)

  5. 大和ハウス工業、賃貸リフォーム専門の新会社設立

    大和ハウス工業

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ