アンビションDXHD、管理戸数が伸長、売上14.7%増

【連載】千葉明の株式教室 No.338

投資|2023年10月17日

  • twitter

 アンビションDXホールディングス(以下、アンビション:3300:東京都渋谷区)。都内を中心に借り上げた居住用不動産を転貸するサブリースが主体。2007年に現社長の清水剛氏が設立。

 アンビションに興味を抱いたのは「07年9月」という、世界不況を招いたリーマン・ショックの真っただ中で興された企業である点。そしてそんなさなかにあり、1期目は5億円、2期目は10億円の売上高を計上したと知ったからだ。

 清水社長は、大学卒業後に大手賃貸不動産会社に入社。1年目でナンバーワンの営業社員となり、それ以降、過去の営業記録を次々と塗り替え、05年には営業部長になった。資質は否定できない。しかし、それだけでリーマン・ショックの時期に、倍々ゲームの伸長が果たせるはずはない。

 そのあたりの「理由」を清水社長は「ベンチャー通信(09年11月号」で、「競合他社との差別化に成功したため」とし、具体的にこう語っている。

 「店舗デザインについて、大手賃貸不動産会社の店舗は、柔らかいポップな色調が多い。幅広い年齢層を狙った結果。当社は20~30代をコアターゲットに設定しており、高級感のあるブラックに統一。店舗(現在は東京都・神奈川県・埼玉県に計18店)内はダイニングバーやブティックのような洗練された空間で、不動産店のイメージとは全く違う」「人気商品は『オールゼロプラン』。敷金、礼金、保証金、仲介手数料ゼロで物件を紹介。これが大ヒット」と、納得させられた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『大東建託、不動産事業売上1兆1030億円超』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ