大東建託、不動産事業売上1兆1030億円超

【連載】千葉明の株式教室 No.337

投資|2023年09月20日

  • twitter

 大東建託(1878:東京都港区)。賃貸住宅の建設請負や一括借り上げ事業で、絶対的な存在感を示している。賃貸仲介でも首位を争う。

 そんな大東建託の株式市場の業種分類が「建設業」から「不動産業」に変更されたのは、2022年10月3日。この種の変更は「証券コード協議会」の審議を経て行われる。変更に関して、大東建託はこう説明している。

 「賃貸の管理戸数が年々増え、不動産事業の売上高が増加していることに伴うものと認識している」

 確かに22年3月期の売上高で見ると建設事業の完工高4595億7200万円(前期比6.2%増)に対し、不動産事業は売上高1兆1030億200万円(同3.6%増)という状況にある。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ディア・ライフ、仕入れ好調、96.9%増収』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ