スキームとビジネスモデル⑦ 不動産開発事業と小規模FTK(後編)

【連載】不動産クラウドファンディング 事業化のポイント 第14回

投資|2021年11月30日

  • twitter

 前回は、図表1に掲げる不動産開発プロセスと小規模不動産特定共同事業(以下、FTK)との関係のうち「建築資金調達スキーム」について解説しました。

 本稿では「開発型スキーム」を中心に解説します。

開発型は投資家や広告に制限

開発型スキーム

 開発型スキームとは、FTK法に基づく届け出をした特別目的会社(以下、SPC)が投資家から資金を集め、その資金を使い土地の取得と建物の建築を行い、完成した物件を運用・売却して得られた利益を投資家に分配する仕組みをいいます。不動産デベロッパーは、前回紹介した「小規模2号事業」の登録を受けることで、SPCから不動産取引(賃貸や売買)に関する業務を受託できるようになるとともに、一定の条件を満たせば、SPCから建物の建築工事を請け負うこともできます。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

  4. 2022年版賃貸仲介件数ランキング地方版トップ10

    ウィルハウスグループ, 一誠商事

  5. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ