イーネットワークシステムズ、エネルギーデータを計測

イーネットワークシステムズ

商品|2024年01月17日

  • twitter

京王電鉄相模原線稲城駅から徒歩3分の場所に立つT's garden稲城

 電力小売事業のイーネットワークシステムズ(以下、ENS:東京都新宿区)が展開するエネルギーデータに関するサービス「ESG評価向上支援サービス」は、2023年12月に賃貸物件で初めての導入が決まった。

環境配慮型物件を後押し

 同サービスは、東京電力グループのファミリーネット・ジャパン(以下、FNJ:東京都港区)と共同で提供するもの。ENSの実質再生可能エネルギー(以下、実質再エネ)100%の電力提供と、FNJによる賃貸集合住宅のエネルギーデータの計測を併せ持ったサービスだ。

 ENSは共用部やENSと契約する住戸に対して、実質再エネ100%の電力を供給する。FNJのホームエネルギーマネジメントシステム「me‐eco(ミエコ)」を物件に設置し、同社が提供する全戸一括型インターネットを介して、建物のエネルギー状況を計測・収集。集めたデータは、ENSの実質再エネ100%の電力供給量のデータも含め、レポートにして、オーナーや管理会社に提出する。

 今回の導入物件は、トーセイ(東京都港区)の完全子会社であるトーセイ・アセット・アドバイザーズ(同)が管理・運営する全108戸の「T's garden(ティーズガーデン)稲城」だ。省エネルギー改修を施し、建物全体の温室効果ガス排出量の大幅削減を目指すファンドを組成して、23年3月に取得した物件となる。ESG評価向上支援サービスを利用し、建物全体の再生可能エネルギーの使用量を把握することに加え、契約時に入居者へ実質再エネ100%の電力利用を促進する。

 ENSの及川浩社長は「今回の実績を皮切りに導入をさらに広め、太陽光発電などの付加価値サービスも組み合わせて提供していきたい」と語る。

及川浩社長写真

イーネットワークシステムズ
東京都新宿区
及川浩社長(53)

 

 

(2024年1月15日8面に掲載)

おすすめ記事▶『東京ガス不動産、ESG型不動産開発を推進【トップインタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ