トミナガ不動産商事、家族向け中心に年25件の実績

管理会社ノートリノベーション編

管理・仲介業|2024年01月22日

  • twitter

 1250戸を管理するトミナガ不動産商事は、オーナーに対してファミリー向け物件のリノベ提案を進めている。8カ月以上空室が続く居室が3戸あった物件が、1カ月以内にすべて成約した事例もあるという。

社内会議で提案内容を議論

 商圏は愛媛県今治市で、従業員数は15人。そのうち管理専業のスタッフ1人と賃貸仲介と管理を兼任しているスタッフ1人の計2人でオーナーにリノベを提案している。最もオーナーと接する機会の多い賃貸管理部門の社員と、賃貸仲介の成約件数が最も多い社員を配置。オーナーと入居者それぞれの目線をすり合わせたリノベ案を提示しているのが特徴だ。

 提案に注力するのは管理物件の約4割を占めるファミリー向け物件だ。

 22年には25件のリノベを受注した。平均受注単価は60万〜80万円だった。ただし、そのうち7件ほどは工務店を営むオーナー自身が施工を行ったため、アドバイスをするにとどまった。残りの案件については同社が元請けとなり、提携先の工務店に発注している。

 提携する工務店は3社で、工事の内容や工務店のスケジュールなどを考慮して、どの会社に依頼するかを決めている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『秋田住宅流通センター、退去時、リノベの見積もり提示』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ