秋田住宅流通センター、退去時、リノベの見積もり提示

管理会社ノートリノベーション編

管理・仲介業|2024年01月22日

  • twitter

 7800戸を管理する秋田住宅流通センターは、単身世帯向け物件のリノベ提案を積極的に実施。8戸中7戸が空室だった学生アパートを、リノベ後約5カ月で満室にした事例も出てきている。

9割近く空室の物件、満室も

 商圏は本社を置く秋田市が中心。同市に5店舗、秋田県横手市に1店舗を置く。従業員数は81人で、このうちオーナー担当者が5人、工事担当者5人、事務スタッフ1人の計11人でリノベを担当する。受託するオーナーは約1000人。そのうち、投資家系が6割、地主系が4割となっている。管理物件の平均築年数は26年だ。

 資産管理部のリノベ・工事課が原状回復工事や大規模修繕とともに、リノベ工事の提案を行う。2023年のリノベ工事の実績は約200件。工事内容は床材や設備交換、間取り変更など多岐にわたる。受注額は10万円から300万円と幅広い。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アライブ、デザイン重視 家賃1万円上昇』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ