柔軟な顧客対応に活用期待

【連載】2分で分かる!テックトレンド 第1回

管理・仲介業|2024年02月28日

  • twitter

 2024年、テクノロジーは目覚ましく発展し、加速度的に社会へ浸透してきました。本連載では、昨今話題となっているテクノロジーのトレンドについて解説し、それらがどのように不動産業界へ影響していくかについて考察します。

AIの発展と変化 不動産業界の関係

 最初のテーマは、昨年大きな盛り上がりを見せたAI(人工知能)です。特に「Chat(チャット)GPT」をはじめとした生成AIは世間に大きな衝撃を与えました。今回は、従来のAI(ここでは識別AIと呼びます)と、最近話題の生成AIの違いと可能性について解説します。

 識別AIの基本的な役割は識別や判定です。例えば、写真データを入力して犬が写っているかどうかを判定したり、賃貸条件を入力して家賃予測をしたりする技術といえばイメージしていただきやすいかもしれません。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『生活サポートアプリにChatGPTを導入 自然な返答可能に』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ