長谷工不動産HD、分譲・賃貸を年1500戸供給【新社長インタビュー】

長谷工不動産ホールディングス

インタビュー|2024年04月13日

  • twitter

長谷工不動産HD 東京都港区 松本 健 社長(58)

 分譲・賃貸マンションの開発を行う長谷工不動産ホールディングス(以下、HD:東京都港区)のトップに、4月1日付で松本健氏が就任した。2023年に長谷工不動産(同)の社長に就任後、新たにHDのトップとして、物件開発での新たなチャレンジとグループ間のシナジーを生み出すことに力を入れる。

開発地域は「集中と選択」へ

エリアを見極め

 松本社長は「レジデンスの開発エリアを絞った『集中と選択』をスローガンに、利益を確保できる物件開発を進めていく」と語る。

 同HDは、レジデンスの開発を行う長谷工不動産と総合地所(同)、開発後の管理を担うジョイント・プロパティ(同)のグループ3社の経営を統括する。24年3月期の売り上げ着地予想は、3社合計で1001億円。同経常利益は48億円だ。

 デベロッパーの2社は分譲マンションを開発する担当エリアを分けており、総合地所が1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)と近畿圏、それ以外のエリアを長谷工不動産が担当する。

 合計32の都道府県まで開発エリアを拡大してきたが、新社長体制下で方針を転換する。「17年から事業エリアの拡大に着手してきた。拡大した商圏から見えてきた結果を分析し、開発エリアを絞っていくフェーズになったと考えている。特に注目しているのが、北海道、九州と沖縄エリア」(松本社長)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『長谷工不動産HD、新社長に松本健氏』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ