スタッフ中心にツール検討

【連載】不動産DXの現在地 第3回 地元密着企業に聞く!

管理・仲介業|2024年06月13日

  • twitter

 アットホーム(東京都大田区)がDX(デジタルトランスフォーメーション)による不動産業務の改善支援や経営課題解決の事例をレポート。第3回は、クリーク(神奈川県横浜市)代表取締役の塩田真人氏に話を聞きました。

DXツール導入で事務作業を効率化

 相続税対策として不動産事業を始めたクリークの塩田氏。2017年からは自社保有以外の物件管理業務を開始し、20年からはプロパティマネジメント(PM)業務をスタートさせました。

 「オーナーや入居者のためのサービスを厚くするために、PM業務開始当初からDXツールの導入・活用を視野に入れ、煩雑な事務作業の軽減・効率化に取り組んでいます」(塩田氏)

クリークデータ

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『顧客の利便性向上を実現』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ