建物区分所有法【宅建試験解説】

【連載】2024年宅建試験まるかわり解説

管理・仲介業|2024年06月21日

  • twitter

Q.保存行為も集会の決議が必要?

A.単独でできるので不要です

 2023年度の宅地建物取引士試験の問13は建物区分所有法からの出題でした。同法は毎年必ず1問出題されるので、必ず得点できるようにする必要があります。正答率は72%でした。読者の皆さまもぜひ掲載した問題を解いてみてください。

共用部の点検清掃 区分利用者は可能

 区分所有マンションの共用部分は、区分所有者の共有ということになります。そこで、建物区分所有法ではその利用方法について多くの定めを置いています。

 まず、日々の点検・清掃や破損箇所の修理などのように、現状を維持する行為を保存行為と呼び、区分所有者であれば誰でも単独で行うことができます。もちろん集会の決議も不要です。

 保存行為以外については、原則として、区分所有者および議決権の各過半数による集会の決議により行わなければなりません。

 具体的には、変更にあたらない範囲で利用したり(利用行為)、変更にあたらない範囲で価値を高めたり(改良行為)する行為をいい、駐車場を外部に貸し出したり、防犯灯を設置したりするなどが典型例です。

ルールの変更には75%以上の賛成要

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『借地【宅建試験解説】』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ