トレーラーハウスに熱視線

ヒーローライフカンパニー, Con Spirito(コンスピリート)

ニュース|2022年01月15日

  • twitter

郊外の土地活用として注目されるヒーローライフカンパニーのトレーラー賃貸

 トレーラーハウス事業の強化や参入の動きが出ている。

ヒーローライフは賃貸住宅商品開発

 賃貸住宅の建築事業でフランチャイズチェーン展開などを行うヒーローライフカンパニー(以下、ヒーローライフ:東京都港区)は賃貸住宅向けの商品を開発し、販売に力を入れていく。特許取得済みの新商品は、郊外地の土地活用として、週末を過ごすセカンドハウス的な賃貸住宅として投資家への提案を強化する。

 専有の居住スペースは17㎡ほどで、ウッドデッキを現地で後付けすれば、約30㎡の広さを専有部として利用することができる。デザイナーズキッチン、外装に耐久性の高いガルバリウムサイディング、床はフロアタイルを採用。金額はシャーシ付き本体価格500万円(税込み550万円)

 同社の日﨑哲仁社長は「4㎡は引き出す形で拡大できる方式。ウッドデッキを併設すれば、今注目のグランピングもできる。郊外の土地活用として有効だと考えた。今後、販売代理店募集も開始予定」と話す。

 トレーラーは車両という特性上、不動産に比べて小口で、短期償却や税制メリットがある。

 同社ではトレーラーを活用したホテル「Trail inn(トレイル・イン)」を21年にオープンし、現在、北関東を中心に3拠点74室を運営している。

 賃貸管理・仲介や不動産売買仲介などを手がけるCon Spirito(コンスピリート:東京都目黒区)は22日よりトレーラーハウス事業を開始する。新たな投資用商材として提案していくことで、事業の多角化と拡大を図る。

 具体的には、賃貸住宅や店舗、ホテル、民泊などに利用できるトレーラーハウスを投資用物件として富裕層向けに販売・運用する。

 不動産ではないため、市街化調整区域の海沿いや国立公園など本来、住宅を建てられない場所でも配置することができ、景勝地などのロケーションを武器に高い稼働率を見込めるという。

 1部屋あたりの建築費用は30㎡ほどのビジネスホテル型で300万~500万円、40㎡ほどのリゾートホテル型で400万~1000万円。固定資産税がかからない点もポイントだ。表面利回りはともに10~15%を想定。まずはホテルとしての活用から開始。1月下旬には、埼玉県加須市にトレーラーハウスの展示場をオープンする。

 「新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリモートワークなどが増えている今、郊外の土地活用として積極的に提案していきたい。継続的な商品開発も進めていく」

 ヒーローライフ日崎社長)というように、多様なライフスタイルに対応する商品として活用の可能性が広がる。

(2022年1月17日1面に掲載)

おすすめ記事▶『ヒーローライフカンパニー、トレーラーハウス賃貸事業始動』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産取引】5月18日電子契約全面解禁、電子書面の交付が可能に

    国土交通省

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  4. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  5. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ