「種地」×「駐車場ファンド」による オフバランス再開発の方法

【連載】不動産クラウドファンディング 事業化のポイント 第26回

投資|2021年10月24日

  • twitter

図表1:駐車場ファンド結成の流れ

 再開発事業を手がける不動産会社にお勧めしたい不動産ファンドは、将来の再開発を見据えて取得した狭小地や不整形地(いわゆる「種地」)を小口化の対象として駐車場事業を営む「駐車場ファンド」です。本稿では、駐車場ファンドの組成方法とそのメリットを解説します。

任意組合型ファンドを組成、種地を売却

組成方法

 種地を取得した事業者は、不動産特定共同事業法に基づく長期または無期限の任意組合型ファンドを組成し、組合に種地を売却します。事業者は、売却と同時に組合から種地を借り上げ、舗装や機械設備の設置などを行い、駐車場として運用し、事業者から組合に支払われる地代が、組合員(投資家)に対する分配の原資となります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『オープンエンド型LPSファンドの登場と私募REITの終焉(後編)』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  4. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  5. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ