オープンエンド型LPSファンドの登場と私募REITの終焉(後編)

【連載】不動産クラウドファンディング 事業化のポイント 第25回

投資|2021年09月26日

  • twitter

図表1:オープンエンド型LPSファンド(ハイブリッド投資スキーム)

 プロ投資家向けのオープンエンド型ファンド(運用期間の定めがなく、運用期間中に解約・換金・追加投資が可能なファンド)として人気を集めた「私募REIT(リート)」はその役目を終え、代わりに投資事業有限責任組合(LPS:エルピーエス)を用いた「オープンエンド型LPSファンド」が主流となりつつあります。

簿価評価で損益安定、低コストなど利点多数

 本稿ではLPSの仕組みと、現物不動産と信託受益権の両方に投資可能なオープンエンド型LPSファンド(図表1)の組成手順を解説します。

LPSの仕組み

 LPSは、組合運営に関し、全責任を無限に負う無限責任組合員(GP)と、資金出資者であり、その責任が出資した金額のみに制限される有限責任組合員(LP)から構成されます。GPが投資家に対してLPとして出資するよう勧誘する行為は金融商品取引法(金商法)上の「自己募集」に、GPがLPSの財産を主として有価証券で運用する行為は「自己運用」に該当し、これらの行為を行うGPは原則として金融商品取引業の登録を受けなければなりません。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ