LIFULL、多拠点サービス50拠点達成

LIFULL(ライフル)

その他|2023年02月22日

  • twitter

北海道釧路市にオープンした施設

 不動産ポータルサイト運営などを行うLIFULL(ライフル:東京都千代田区)は2022年12月20日、同社が運営を行うコミュニティー型の多拠点居住サービス「LivingAnywhere Commons(リビングエニウェア・コモンズ:以下、LAC)」を、北海道釧路市と宮崎県日南市の2拠点にオープン。全国で50拠点を達成したと発表。宿泊数は延べ3万5000泊になった(22年11月末時点)。

地方の遊休不動産を活用

 LACは、シェアハウスとコワーキングスペースの特徴を併せ持つ複数の拠点を、会員登録することで定額で活用できる。

 各地の拠点には、遊休施設をLACが運営するオリジナル拠点と、ゲストハウスやホステルと連携して提供を行うパートナー拠点がある。

宮崎県日南市の新たな拠点の写真

宮崎県日南市の新たな拠点

 19年に福島県磐梯町の会津磐梯地域と静岡県下田市の伊豆下田地域に1棟目、2棟目を開業した。

 個人、法人問わず、フリーランスやスタートアップ企業、企業のサテライトオフィス、社員研修施設として利用されている。

 1~8泊以内のベーシックプランは、月額料金無料で1回あたり4400~5500円(回数券あり・税込み)、オリジナル拠点が無制限で利用できるサブスクリプションプランは、月額3万9600円(税込み)。全拠点を無制限で使えるプレミアムプランは月額9万4600円(税込み)。

 サービス開始当初の会員は30代がメインだったが、現在は20代に移行。全国に拠点が広がったことや定額拠点利用者の増加で、各地域での起業や移住、関係人口創出につながっているケースも出てきている。

(2023年2月20日15面に掲載)

おすすめ記事▶『多拠点居住サービス活況』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ