SDGsに取り組む会社紹介① 本業を通して空き物件に価値

ラックス建設

その他|2021年11月01日

  • twitter

使われなくなった社宅などを、外国人が住める住宅として改修している

 建物の修繕や内装工事を手がけるラックス建設(広島県福山市)が挑むのは、不動産の再生を通した社会課題の解決だ。増加する空き物件を整備し、貴重な労働力となる外国人の住まいや学びの場に活用することで、街の活力を高めることを目指す。

外国人に「住」と「学」の場を提供

環境大臣賞を受賞

 ラックス建設は2019年、企業活動を通したSDGsへの取り組みにおいて二つの賞を受賞した。

 一つが、国内外で活躍する経済人や有識者が集う「国際平和のための世界経済人会議」が実施したビジネスコンテストでのこと。SDGs関連ビジネスの推進を活性化することを目的にしたこの催しで、最優秀賞を受賞した。地元広島でも深刻な課題となっている空き家の増加と労働人口の減少に対して、不動産の再生と外国人労働者の受け入れを両立させる事業計画と取り組みが評価された。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ