ロボットホーム、IoT普及で住宅メーカーと提携

ロボットホーム

ニュース|2020年09月14日

  • twitter

 TATERUの子会社でIoT機器の開発・普及を目指すRobot Home(ロボットホーム:東京都渋谷区)が9日、住宅建築会社のキーノート(同港区)と業務提携契約を結んだ。キーノートが開発する木造・RC造の集合住宅などにロボットホームのIoT機器を導入していく。

開発物件で機器導入を促進

 同社のIoTサービス『Residencekit(レジデンスキット)』を標準搭載する。ネットにつながる照明、防犯カメラ、インターフォンなど一通りの設備を導入する。竣工後に入居者がついたら、スマホで遠隔操作したり管理会社と意思疎通できる専用アプリをダウンロードしてもらう。アプリを使う入居者は、月額利用料を支払う。TATERUは、ストック収入拡大にもつなげられそうだ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  2. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  3. 借り上げ戦略 大幅見直し OYO Japan 山本竜馬社長【トップインタビュー】

    OYO Japan

  4. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  5. 「外国人」「非正規雇用者」に依存するシェアハウスは苦戦(コロナ禍のシェアハウス調査4)

    ジャフプラザ, プティティール

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ