IRIS、LGBT人気の新宿に移転

IRIS(アイリス)

企業|2020年06月03日

  • twitter

移転したビル内

 賃貸仲介件数の9割をLGBTが占めるIRIS(アイリス:東京都新宿区)は5月上旬、事務所を東京都世田谷区から新宿区にあるオフィスビルに移転した。LGBTに人気があり、社員の自宅から通いやすいエリアで働きやすい職場環境を作る。

内見など接客業務を効率化

 「交通の便が良く、歓楽街である新宿2丁目に近い東京都新宿区、中野区で部屋を探す客が多い」。こう語る須藤啓光社長は、内見場所にアクセスしやすい立地に拠点を移すことで、成約を左右する接客業務に社員が注力できる環境を整え、業務効率化を図る。同社は毎日出社する働き方にこだわらず、仲介営業を行う社員のリモートワークを許可している。毎朝通勤ラッシュでストレスを感じずに出社できる点は、社員にとって働きやすい。だが、新型コロナウイルスの感染拡大により、減少する利用者と成約件数に伴い、これまでの働き方では社員のモチベーションが保てなくなることを須藤社長は懸念していた。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ