デパートひろた、IT重説を外部委託

デパートひろた

企業|2020年03月16日

  • twitter

3月までに半数を委託

 年間賃貸仲介件数約3200件の不動産のデパートひろた(福岡県北九州市)は1月からIT重説の外部委託を開始した。2月末までの委託件数は約150件。3月までに500件の重要事項説明のうち、半数に当たる250件を外部委託したい考えだ。

不動産のデパートひろた 1月から150件実施

 同社では2017年10月から、業務効率化を目的にIT重説に取り組んできた。仲介件数の増加や、自社管理物件の入居率向上、社員の残業時間の減少などの成果があったため、IT重説の運用方法をブラッシュアップし、さらに業務効率化を進めている。

 当初、IT重説は、本社内に新設した契約書作成などをフォローするチームが担当していた。フォローチームは売買や総務など繁忙期に特段業務量が増えない部署から資格保有者を選出して結成。実際に物件を見ていないスタッフが重要事項説明を的確にできるよう、強調して説明すべきポイントを事前に賃貸営業スタッフと共有するよう工夫をしている。17年12月にはトラブルもなくなったため、それまで自社管理物件のみだった対象範囲を、他社管理物件にも広げた。18年1~3月には約230件のIT重説を実施。19年1~3月には443件と件数が倍増した。19年の繁忙期は実施件数を増やすだけではなく、より仲介事業が効率的になるようにした。IT重説を実施する場所と日時、予約を入れるタイミングの三つのポイントを改善したのだ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    3. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    4. コロナで民泊稼働ゼロも

    5. JAアメニティーハウス、契約の電子化 開始1年

      ジェイエーアメニティーハウス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ