国土交通省、IT重説の社会実験検証

国土交通省

企業|2022年03月09日

  • twitter

 国土交通省は2月14日、「第8回ITを活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討会」をオンラインにて開催。5月18日までに予定されている重要事項説明書などの電子交付の解禁に向けて、社会実験結果を踏まえた電子交付実施の際の注意点や約束事といった順守事項を取りまとめた。

電子書面交付の順守事項に言及

 明らかになった課題は二つ。一つ目は、利用する電子機器の操作をわかりやすく説明することと、IT重説を実施する相手側のIT環境を宅地建物取引事業者が確認する必要性だ。

 二つ目は、書面作成において宅建事業者に求められる工夫だ。アンケートでは、「画面や文字が小さい」など電子書面の見にくさが指摘。そのため、重要事項説明書に目次や全体像を示す資料を付けることが望ましいとした。

 また、賃貸住宅の契約時にIT重説を受けたアンケート回答者152人のうち、78%がスマートフォンで電子書面を閲覧しており、書類のサイズをA3からA4に変更するなど、スマホ画面に適した対策が求められた。

(2022年3月7日13面に掲載)

おすすめ記事▶『環境配慮型の賃貸住宅 ~建築・工法編~』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ