日立不動産、M&Aで事業承継

日立不動産

企業|2020年09月20日

  • twitter

賃貸管理・仲介の日立不動産(東京都渋谷区)は2020年7月、収益不動産の販売を行うエール・アセット(東京都新宿区)に発行株式を譲渡し、100%子会社となった。中小企業のM&Aを手掛ける日本M&Aセンター(東京都千代田区)が仲介した。

管理戸数3000戸目指す

日立不動産は京王線沿線エリアを中心に約1350戸を賃貸管理し、賃貸仲介を行ってきたが創業者の高齢化に伴い事業承継の課題を抱えていた。エール・アセットはストックビジネスによる経営の安定化を図り、両社間での送客による事業拡大の相乗効果に期待し、株式取得に至った。今後、日立不動産は賃貸管理・仲介に加え、売買仲介にも注力していく。さらに弁護士や税理士との連携を図り、相続対策や資産運用の提案など多角的なアプローチで展開していく。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2020 人気設備ランキング発表

  2. ファイバーゲート、自社開発IoT製品、販売開始

    ファイバーゲート

  3. クレームの多い設備「ネット無料」「宅配BOX」が突出(人気設備ランキング番外編)

    PIM, 富士建設工業, I・S・E

  4. 日本宅配システム、非対面受け取り増加で需要拡大

    日本宅配システム

  5. 加瀬倉庫、半個室作れるパーテーション販売

    加瀬倉庫

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ