地域住民向けのコミュニティーをオープン

笑恵館

商品・サービス|2014年06月07日

  • twitter

自宅を改装しサロンとして開放


東京都世田谷区でアパートを経営する田名夢子オーナーは、地域住民向けのコミュニティー施設「笑恵館」を4月にオープンし、5月24日、オープニングパーティーを開催した。
1日4回の時間帯に分けて行われたパーティーには1回に約30人が訪れた。子ども連れの夫婦や高齢者の参加者も多く、談笑する姿がみられた。
「笑恵館」は、小田急線祖師ケ谷大蔵駅から徒歩5分の住宅地にある田名オーナーの木造2階建ての自宅を改装した建物。
1階にパン屋が入り、飲食スペース、イベントスペースがある。
このイベントスペースで笑恵館ができるまでの道のりを振り返った「SHO―KEI―KAN展」を6月1日まで行った。
基本的に誰でも自由に利用できるが、笑恵館の会員(年会費500円)になれば、イベントの開催等で使用することができる。
現在、会員は130人ほどいる。 
また、同じ敷地内にある築32年の2階建てアパート(1K、全6戸)も改装し、地域住民と交流したい単身者、シングルマザー、一人暮らしの高齢者などを対象に入居を募集している。賃料は7万円前後。
田名オーナーは、2010年から同アパートの空室を利用して、高齢者や子育て中の母親が集まるサロンを運営してきた。
「笑恵館」の運営には、この活動が基盤になっている。
オーナーによる賃貸住宅のコミュニティー運営はいくつかの事例があるが、自宅を開放するケースは極めて珍しい。
この点について田名オーナーは、「アパートの入居者や地域の方と一緒に食事を取りたいと思ったことがきっかけです。遠い親戚より近くにいる人々とゆるやかな家族のように楽しく暮らしていきたい、地域の方々が寛げる『みんなの家』を提供したいという思いでつくりました」と話した。
パーティーに参加した会員男性は「利用者からは『実家にいるみたい』という声をよく耳にします」と話した。

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  4. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

  5. ハウスメイトパートナーズ、「マイメロ」コラボ賃貸、満室に

    ハウスメイトパートナーズ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ