法人向けにスマートロックシステム提供

コネクティッド・デザイン

企業|2016年05月12日

  • twitter

内見の効率化や民泊での利用見込む


コネクティッド・デザイン(東京都世田谷区)は4月20日、スマートロックを活用した法人向けのシステム『Connected API(コネクティッド エーピーアイ)』の提供を開始した。

ターゲットは不動産会社やシェアオフィスの運営会社など。
販売するスマートロックは、親会社のイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム、同)製だ。

利用者は内見を予約すると、登録したメールアドレス宛てに鍵を施解錠できるURLが届く。
利用時間に限り、操作することで鍵の開け閉めができる仕組みだ。

今回発表したスマートロックシステムは、イッツコムが提供する室内家電の総合的な遠隔操作システムの一つ。
IPカメラ、扉やドアの開閉を感知するセンサー、家電品や照明のオン・オフを遠隔操作できるリモコンなどとも組み合わせられる。
機器同士が連携することで、セキュリティーをより高められる。

まずはスマートロックを不動産会社に販売することで、システムを普及させたい考えだ。
民泊での活用も見込む。

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ