シェアハウスの居住水準設置へ

国土交通省

法律・制度|2016年11月30日

  • twitter

来秋の登録制度に向け検討会を実施


国土交通省は住宅セーフティネット強化の一環として、シェアハウスの居住水準を定め、来年の秋ごろをめどに登録制度を設ける方針を明らかにした。

28日に、『既存ストックの活用による共同居住型住宅の居住水準に関する検討会第2回』を開催し、住宅確保用配慮者が入居する補助対象のシェアハウスの適切な水準について議論をしていく。

3月に閣議決定された住生活基本計画では、住宅の確保に配慮を要する低所得者や高齢者、障害者、外国人、ひとり親世帯などが、安心して生活できる住宅を確保できる環境整備が盛り込まれた。
施策として、空き家や民間賃貸住宅を活用していく考えだ。その活用法のひとつがシェアハウスだ。
水準の項目として、建物全体の広さや、専有面積の広さ、トイレや浴室、キッチンなど生活に必要な設備などが重要視される。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  2. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  3. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介件数の動向を調査 ー中編ー

  4. 【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

    Sumapla(スマプラ)

  5. 大和ハウス工業、賃貸リフォーム専門の新会社設立

    大和ハウス工業

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ