民泊の撤退請け負うサービス開始

スイッチエンターテイメント

企業|2017年03月09日

  • twitter

民泊運用代行サービスを手掛けるスイッチエンターテイメント(東京都新宿区)が2月27日、民泊を運営していた部屋から家具などの撤去を行うサービス『撤退太郎』の開始を発表した。

民泊は賃貸マンションの空室を利用し運営されるケースが多数だが、そのほとんどは旅館業法や特区民泊などの許認可を得ずに行われている。
各自治体が違法に行われている民泊に対し厳重注意と撤退を促す動きが活発化していく中で、退去せざるをえなくなる運営者も増えてきている。

同社でも以前から民泊運営の撤退の相談を受けることがあり、半年間で20件以上に上っていた。
その際、継続して使用できる家具がほとんどで、引き取り希望者が多かったため、サービス化に踏み切った。

利用の際は、電話かLINE公式アカウントからの問い合わせで退去予定日の10日前までに発注すれば、退去予定日の前日に設置している家具の全てを撤去する。
価格は30㎡の物件までは3万円。
対応エリアは東京23区近郊と神奈川北部エリアだが順次拡大していく予定。

同社の川田雄大CMOは「全国には4万件の民泊物件があり、そのうちの10~20%は撤退していると聞く。そのうちの半数にあたる10%を受注していくことが目標だ」と意気込みを語った。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【特別リポート】コロナ禍でも業績が伸びた賃貸仲介会社、7社の理由に迫る(前編)

    三光不動産, オクゼン不動産, NextFutures(ネクストフューチャーズ)

  2. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

  3. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  4. 2021 賃貸仲介件数ランキング400社

  5. 【特別リポート】コロナ禍でも業績が伸びた賃貸仲介会社、7社の理由に迫る(後編)

    ベルエステート, ヤマモト地所, 平松商事, HOMEプロデューサーZERO

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ