投資用ワンルームの値崩れ顕著

ファーストロジック調べ

市況|2009年05月25日

  • twitter

収益要不動産の投資利回りが、この1年間で大きく跳ね上がったことが、収益要不動産の情報サイト「楽待」を運営するファーストロジック(東京都港区)が発表した2009年1月から3月期の市場動向データで明らかになった。特に、RC造の一棟マンションと区分所有物件は、販売価格下落に伴う利回りの上昇が目立つ結果となった。

投資用区分所有物件は、昨年同期の新規登録物件ベースの利回りが9・47%だったのに対し、今年は11・20%と、1・73%も上昇した。販売価格が大幅に下落しているため。昨年1月から3月の平均価格2326万円だったのに対し、今年は1960万円。4月はさらに1153万円まで下落した。この状況を投資家側もよく理解しているのか、利回りベースで見た時に、登録物件と問い合わせの乖離が小さくなっている。

一方、RC造一棟マンションは、昨年秋以降3億円から3億1000万円程度で高止まりしている。これは、不動産ファンドなどが保有する大型物件が市場に出てきたために単価が大きくなったものと考えられる。同時に利回りが上昇してきたのは、「各物件が個人投資家向けにディスカウントしたため」と同社は推測する。

投資市場からは「期末セールが一服し、新年度明けは売り物が枯れている」との声も聞こえてくる。また、都心部の賃料下落現象も利回りに影響を与えそうだ。価格下落一辺倒だった投資市場は、調整期間に入っているといえそうだ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  2. レジデンシャル ペイメント、元警察官による入居者トラブル対応、8万契約突破

    レジデンシャルペイメント

  3. 管理会社に聞く入居者対策①【前編】

    絹川商事, タクシン不動産

  4. データで見る相続問題

  5. 管理会社に聞く入居者対策①【後編】

    マエダエステート, 村上不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ