旭化成ホームズの中期経営計画

企業|2019年06月11日

  • twitter

中期計画の発表を行った旭化成ホームズの川畑文俊社長

21年度に売上高7200億円目指す

住宅メーカーの旭化成ホームズ(東京都千代田区)は5月31日、『中期経営計画2021』を発表した。25年度に連結売上高1兆円達成を目標とし、21年度には連結売上高7200億円を目指す。

新事業として、健常期と要介護期の間になるフレイル期の高齢者向け賃貸住宅に注力していく。19年度に46棟600戸を受注目標とし、25年までに500棟6000戸の管理運営を目指す。中高層躯体『へーベルビルズシステム』の受注を促進し19年度に24棟を目標にしているほか、豪州や北米の海外事業への進出にも注力していく。

同社の川畑文俊社長は本社の移転、集約を行ったことについて「関係する会社を横でつなぎ、一体となった基盤づくりを推進していく」と話した。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ