ブロックチェーン活用の賃貸契約

積水ハウス

ニュース|2019年10月15日

  • twitter

 積水ハウス(大阪市)、KDDI(東京都千代田区)、日立製作所(東京都千代田区)はブロックチェーン技術を活用して『企業間情報連携基盤』を構築し、賃貸契約の利便性向上を図る共同検証を4月から行ってきたが、9月に新たな参画企業5社を加えて2020年の商用化を目指した動きを加速する。

2020年の商用化を目指す

 ブロックチェーン技術とは、複数のコンピュータにデータを分散して、壊すことができないネットワークをつくること。改ざん耐性や耐障害性が強いため、複数の企業で情報を安全に共有する際に適している。

 検証の第1弾として、積水ハウスとKDDIの検証用の本人確認情報を連携させ、賃貸物件の内覧申し込みの際の現住所や電話番号の顧客による入力を簡略化するなど、不動産賃貸契約時におけるワンストップサービスについて検証してきた。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    2. 家賃支援策 自治体一覧【居住用・事業用】

    3. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    4. スペースリー、VRに問い合わせ5倍

      スペースリー

    5. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ