賃貸借契約における電子書面交付の社会実験開始

その他|2019年10月15日

  • twitter

 賃貸借契約における電子書面交付の社会実験が1日から始まった。賃貸借契約書と重要事項説明書をPDFなどで電子交付する実験において、現行の宅建業法に基づき郵送でも書類を交付する点にハードルを感じる不動産会社が多い。しかし、郵送で交付した書面については回収の義務がなく、社会実験に参加する不動産会社や借主の負担が軽減できることが明らかになった。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ