空室犯罪抑制で連携

神奈川県警察本部

その他|2020年01月15日

  • twitter

4回目となる連絡会

 神奈川県警察本部(神奈川県横浜市)は2019年12月18日、「空き部屋対策推進連絡会」を開催した。

神奈川県警が連絡会を開催

 賃貸住宅の空室がさまざまな詐欺事件の被害金品の受け取り場所に利用されているため、抑制を図る目的で情報交換をした。4回目の開催になる連絡会には公益社団法人全日本不動産協会や公益財団法人日本賃貸住宅管理協会などの不動産業界団体のほか、運送会社や金融機関も出席した。

 15年以降に神奈川県警組織犯罪分析課で把握しているを利用した犯罪の検挙数は127件84人。15年が20件12人、16年が44件31人、17年が23件13人、18年が22件16人、19年は11月末までで18件12人だった。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業「任意登録制」にメス

      国土交通省

    2. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYO LIFE(オヨライフ)

    3. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    4. 「対応が難しい管理トラブル」とは?

      国土交通省

    5. 『マイナビ賃貸』撤退 社宅の転貸を柱に

      マイナビ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ