日本シェアハウス連盟講演会

一般社団法人日本シェアハウス連盟

その他|2020年01月17日

  • twitter

あいさつを行う近藤誠二理事長

 一般社団法人日本シェアハウス連盟(東京都渋谷区)は2019年12月17日、会員企業向けの講演会を開催した。講演会では、会員限定のシェアハウス入居者向け火災保険や連盟が運営するポータルサイトの説明と、SNSを活用したプロモーション方法について、講師を招き教授した。

会員限定の補償制度やポータルを説明

 まず約1年前に開始した『日本シェアハウス連盟団体補償制度』についての説明が行われた。シェアハウスでは、一般的な賃貸住宅のように、入居者が火災保険に加入することはほとんどない。入居者が建物に損害を与えた場合、シェアハウス事業者が加入している保険で建物復旧を行うが、保険会社は支払った保険金を加害者である入居者へ請求する(求償)。同保険では、契約者をシェアハウス事業者、被保険者を入居者とすることで、保険会社からの求償がない火災保険としている。保険料は入居者1人につき月500円。毎月月末時点での入居者情報を保険代理店に報告し、当該月の保険料が確定する。満期後に実績との差分で保険料を再計算する仕組みだ。同連盟の高橋圭一副理事長は、「入居者を保護するシェアハウス事業者だというアピールにもなる」と話した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. 国土交通省、心理的瑕疵を考える

      国土交通省

    4. 西成で起こる不動産バブル

    5. 国土交通省、老朽化マンションの再生支援

      国土交通省

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ