筑波商事、カフェ風リノベで空室解消

筑波商事

リフォーム・リノベ|2020年02月06日

  • twitter

1×4(ワンバイフォー)の木 材を組み合わせてヘリンボーンにした壁。費用は7万円だった

 管理戸数約800戸の筑波商事(茨城県牛久市)では、空室対策として2019年夏ごろからカフェ風リノベーションを行っている。賃貸住宅ではこれまでに約10戸の施工実績がある。1000円ほどの家賃増額から2倍の家賃にしている物件など増額の幅はあるものの、施工した全ての物件で家賃を上げ、平均1カ月の募集期間で入居者が決まっている。

施工した全10戸で賃料アップ

 同社が提案するリノベーションは、50万~70万円で施工できる内容がほとんど。「リフォーム費用を1~2年で回収できるように提案している」と話す同社の綿貫孝広社長。原状回復時や長期空室となっている物件に対して提案し、物件や家主の予算によって施工内容を変更。間取りは2DKなどの場合に1LDKに変更する。多い施工内容としては、アクセントクロス、天井には木目のクロスを貼る。黒のアイアンと木目の板を使用した化粧棚を取り付けた部屋もある。他にも、室内の電気を全てダウンライトにしたり、天井に化粧梁を取り付けたりしている。ある物件では、木材を一つ一つ組み合わせてヘリンボーンにした。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    3. アクロスコーポレーション、契約の電子化 マンスリーで活用

      アクロスコーポレーション

    4. ジェイ・エス・ビー、大型学生マンション竣工

      JSB(ジェイ・エス・ビー)

    5. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ