ヤマダタッケン、ビンテージ感生かして改装

ヤマダタッケン

企業|2020年05月11日

  • twitter

レンガ壁が特徴の『ブルックリンスタイル』の部屋

 賃貸住宅リノベーションの商品が増えている。その中で、ビンテージなデザインで注目を集めているのが、ヤマダタッケン(石川県金沢市)が展開するリノベーションブランド『70年代不動産』だ。同ブランドはマイホーム向けでスタートしたボランタリーチェーンで、2年前に賃貸住宅向けリノベーション『満室化プロジェクト』を立ち上げ、展開している。今回は同社の澤野恵社長に『70年代不動産』事業の展開について聞いた。

3タイプの米国スタイルで満室

『70年代不動産』のノウハウ賃貸に生かす

 『70年代不動産』は石川県金沢市を地盤に住宅販売事業を展開するヤマダタッケンのリノベーションブランドだ。2014年にマイホーム購入者向けに立ち上げたブランドで、1970~80年代の中古住宅をリノベーションし、販売してきた。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2020 人気設備ランキング発表

  2. ファイバーゲート、自社開発IoT製品、販売開始

    ファイバーゲート

  3. クレームの多い設備「ネット無料」「宅配BOX」が突出(人気設備ランキング番外編)

    PIM, 富士建設工業, I・S・E

  4. 日本宅配システム、非対面受け取り増加で需要拡大

    日本宅配システム

  5. 加瀬倉庫、半個室作れるパーテーション販売

    加瀬倉庫

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ