雇用調整助成金、簡素化

厚生労働省

法律・制度|2020年05月26日

  • twitter

 厚生労働省は新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者を支援するため、20日、雇用調整助成金を簡素化した。これまで休業等実施計画や事業所の状況に関する申出書など膨大な書類の提出や帳簿類を適法に整備しなければならないなどの点から、制度を活用できないと一部で批判があがっていた。利便性の向上に踏み切った。

一部書類の提出不要に

 平均賃金額や所定労働日数の算定方法を簡素化したり、休業等計画届の提出を不要にしたりするなどした。従業員数が20人以下の小規模事業主では、受給できる助成金額の算出が簡単になる。支払った休業手当の9割以上助成を受給できるようになった。また、残業代や社会保険、雇用保険などが未払いの状態であっても申請可能だ。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ